介添えエピソード・ご新婦様のお色直し衣装はなんと・・・

images.jpg

ご新郎様35歳、ご新婦様27歳

白無垢と綿帽子で厳かな神前式が整い⇒披露宴⇒お色直しには、
大抵鮮やかな色とりどりの今風のカラードレスや色打掛を
お召しになるのですが、なんと今日のご新婦様は、
おばあ様が大昔にご自身の結婚式にて
お召しになられたお着物をリメイクした物!

それ程の長い年月、大切にキレイに保存されていたことにも感動でしたし、
27歳というお若い年齢でそれを着ることにされたご新婦様の
おばあ様孝行の優しさにもとても感動しました。

それを身に着け、お仕度部屋から出ていらしたご新婦様、
とても感慨深げで目にはもう涙がうるうる。
私もついもらい泣き。

そしていよいよ、皆さんが待つ会場へ。
入って会場内を歩いている間に司会者からそのお着物のご紹介がありました。
おばあ様にはサプライズだったそうです。

おばあ様始め、ご親族、ご友人までもが感動の涙を流され、
会場中が優しい気持ちに包まれました。

「早くおばあちゃんにひ孫の顔を見せてあげたい」とおっしゃっていたご新婦様、
それが実現する日もそう遠くないでしょう。
おばあ様、元気で長生きしてくださいね。

PageTop