介添えエピソード(出会いはまたもや)

9a4869d831499b3c8d77e306ed7c1b07_t.jpeg

今日のお二人は新郎45歳、新婦38歳
アウトドアや山登りが趣味で意気投合したお二人。
出会いは昨年の夏とのことで、まだ少し初々しさが残っているような。

そして、出会いはまたもや「結婚相談所」でした。
また幸せなひと組の夫婦を誕生させた「結婚相談所」
そして、自分たちだけではなく、ご両親はもちろんのこと、
披露宴に参列されたご親族や友人方にもとても喜んでもらえる。

改めて「結婚相談所」って結構重要な役割を果たしているなぁ、と感じました。

いつまでもお幸せに!

介添えエピソード・楽しい時間はあっという間に・・・

images (1).jpg
ご新郎様41歳、ご新婦様39歳

「結婚式って楽しいけど、あっという間でした。そしてこんなに疲れるんですね・・・」
と二次会へお見送りする際にお二人がおっしゃっていました。

長~~~くてあっっっという間な一日です。結婚式当日のお二人にとっては。
それまでの打ち合わせでは、あれもしたいこれもしたい、
これもいいねあれもいいね、と次から次へと案が浮かび、
とってもウキウキ楽しいのですが、正直当日は身体はとっても疲れます。

挙式会場にもよりますが、お二人はお仕度がありますので、
挙式の2時間半前には会場に入ります。
お仕度が整うと、そこから『お二人の感じる時間』はジェットコースター並み。
写真撮影、ご親族へのご挨拶、挙式のリハーサル、挙式と休む暇なく披露宴へ。

披露宴が始まったらスピーチや乾杯のあと、ご来賓やご友人が
ミッキー&ミニーマウスのごとく、お二人の席へやってきて次々と写真撮影、
一通り全員の方々と撮れたと思ったら、目の前のお食事をひとくちも召し上がれずお色直しへ。

皆さんが会場でお待ちなので、スタッフが2、3人がかりで早着替えし
またスタジオなどで写真撮影し会場へ。
そこから『お二人の感じる時間』は更に加速します。
今日のお二人はご友人の余興に急遽連れ出され、一緒に踊りに参加されてました。
付いている私も見ていてとっても楽しかったです。

お開き間近にご新婦様からご家族へのお手紙で感動の涙を流し、ご新郎様の締めの挨拶。
そしてお一人お一人にお礼のご挨拶をしながらお見送り。
それからお二人の時間がよろしければ、ロケーションの良い場所で写真撮影をし、ようやくお着換えへ。
そこまでで、式場に入られてから7、8時間経ちます。
気持ち的にもずっとハイテンションです。

更にお二人は、場所を移して二次会があり、恐らく三次会もあると。
となると、そこから時間はプラス5時間ぐらいでしょうか。

そして更には明日からヨーロッパへ新婚旅行とか。
「もう荷造りはされているんですか?」と伺うと
「式の準備で全く・・・。帰ってから急いでします。」とのことでした。

会社のお休みの都合もあるとは思いますが、出来れば新婚旅行は少し間を空けて行かれた方が良いと思います。
一気に挙式披露宴と旅行の計画や準備をし、一気に楽しみが終わってしまいますからね。

今日のお二人には、どうか、旅先で疲れがどっと出てダウンされませんようにと祈るばかりでした。